Tradeview出金方法を徹底比較!最もお得な出金方法はどれ?

tradeview トレードビュー 出金

Tradeview(トレードビュー)には様々な出金方法があります。

今回は、Tradeviewのおすすめな出金方法や出金手順などの解説をしていきますので出金の参考にしてください。

この記事を読めばコレが分かる!

・Tradeviewで最適な出金方法

・実際の出金手順【画像付き】

・その他出金方法をオススメしない理由

出金拒否に関する情報

海外FX業者毎に最適な出金方法は様々です。

その海外FX業者にあった出金方法を選択することで、余計なコスト・時間をかけずにスムーズに出金することができます。

早速結論!Tradeviewでおすすめの出金方法は「bitwallet」

bitwallet ロゴ

Tradeviewの出金方法は、「クレジットカード」や「電子マネー」など様々な出金方法が存在します。

中でも、bitwalletの出金方法が一番おすすめです。

bitwalletは信頼性が高い

bitwalletは、世界的にも有名なオンラインウォレットです。

海外FXの中でも一番採用されているbitwalletは、出金拒否などの心配は無く、これまでもbitwalletユーザーが出金拒否されたなどの報告や口コミがない為、非常に信頼性が高いオンラインウォレットと言えます。

bitwalletは出金が早いのでおすすめ!

bitwalletは、他の出金方法と比較しても出金が早いのでおすすめです。

銀行送金で出金はおよそ3営業日程かかり、クレジットカードでの出金は使用のクレジット会社によって日数が変わると出金に時間がかかってしまいます。

即日出金が可能で、クレジットカードの様に会社によって日数が変わるということもなく、bitwalletならわかりやすい方法で即日出金が可能です。

\ 中上級者向けハイスペック海外FX業者 / Tradeviewの公式ページはこちら

【画像付き】Tradeviewの出金手順を解説!

Tradeviewで出金をする際、出金理由や出金の経路の選択を求められます。

出金に関する理由をきちんと回答しないと、Tradeviewでは出金することができません。

適切な回答についても解説しますのでご参考ください。

Tradeviewの出金は、手順を覚えてしまえばスムーズに出金の申告ができるようになります。

【画像付き】Tradeviewの出金手順

赤枠の入出金をクリック。

【画像付き】Tradeviewの出金手順 免責事項

入金ページに移行したら、下にスクロールしていくと「ご出金・口座間資金移動:口座間資金移動やご出金はこちらから可能です」という項目があるので、赤枠のこちらからをクリック。

Tradeview出金方法 ご出金 クリック

出金依頼や資金移動のページに移るので、出金をクリック。

Tradeview 出金手順 お客様の情報 出金理由

次にお客様情報の入力と出金方法の選択をします。

お客様情報は、すべて半角ローマ字で記入する必要があるので、日本語で入力しないようにしましょう。

出金理由の例

I need funds for personal use.(個人使用のための資金が必要だから)

出金方法は、上の章で解説した通り、bitwalletがおすすめです。

Tradeview 出金手順 口座を解約しますか?

口座の解約の質問がありますが、該当する方を選択してください。

口座の解約をしなくても、出金はできるので出金のみ希望の方は、「いいえ」を選択しましょう。

ご本人確認書類は、免許証やパスポートをアップロードしましょう。

最後に送信をクリックして、出金の手続きの完了となります。

各出金方法の「手数料」「着金までの時間」を調査してみた

bitwallet以外にもTradeviewは便利な出金方法があるので、bitwallet以外の出金方法のメリットやデメリットをご紹介しますので参考にしてみてください。

bitpayで出金する場合

bitpay ロゴ

出金手数料:無料

着金時間:即日

bitpayの出金は、bitwallet同様利益分の出金も可能なのでおすすめです。

ビットコインの出金も対応していたり、出金手数料が無料というメリットがありますが、bitpayは日本語が対応していないというデメリットもあります。

日本語が対応していないという点だけではなく、入金の際ドルの使用しかできないので、日本国内に住むトレーダー向きではありません。

Upholdで出金する場合

uphold ロゴ

出金手数料:0.95%+3.99ドル

着金時間:即日

Upholdも入金分だけではなく、利益分の出金も可能です。

Upholdでは米ドル、日本円、ユーロ、英ポンド、豪ドル、カナダドル、スイスフラン、メキシコペソが対応しており、仮想通貨はビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップルでの送金に対応。

対応通貨が豊富で、着金時間も即日と非常に優秀ですが、Upholdも日本語が対応していないという残念な点があります。

クレジットカードで出金する場合

出金手数料:無料

着金日:使用のクレジット会社により異なる

クレジットカードで出金する場合は、海外FXの共通ルールで入金分しか出金ができず、利益分はbitwallet経由か海外銀行送金で出金しかできません。

Tradeviewの場合は、クレジット会社によって着金までの時間が異なるので、着金日の予想ができないというデメリットがあります。

クレジットで出金する場合のメリットは、出金手数料をTradeview側が負担してくれるので無料になるという事ぐらいです。

スムーズに出金をしたい場合は、クレジットカードでの入出金はおすすめできません。

銀行送金で出金する場合

出金手数料:35ドル

着金時間:3~4営業日

銀行送金で出金するメリットは、電子マネーなどに比べると信頼感が高いという所です。

海外FXに慣れていない人で本当に出金されるか不安な人は、銀行を通しているというだけで安心感が生まれます。

しかし、銀行送金での出金は手数料が高く着金まで時間がかかってしまうところがデメリット。

Tradeviewで35ドルの出金手数料がかかることに加え、日本国内の銀行に3,000円~4,000円の手数料がかかってしまいます。

年に1度など少ない出金ならあまり気にならないと思いますが、出金を頻繁にする人には、他の出金方法と比べると手数料が割高になってしうので、おすすめの出金方法ではありません。

STICPAYで出金する場合

stickpay ロゴ

出金手数料:800円+1.5%

着金時間:即日

STICPAYはbitwalletの類似サービスであり、入金分以外の利益分の出金も可能です。

bitwalletとの違いは、出金手数料がSTICPAYの方が高いという所とbitwalletの方が、圧倒的に知名度が高いという所です。

bitwalletと相性が合わず他の出金方法を試してみたい人は、特に目立ったデメリットがないSTICPAYを試してみる事をおすすめします。

Tradeviewは出金拒否などされる可能性はある?

Tradeview側の悪質な出金拒否は考えにくいです

もし、出金拒否をされた場合はトレーダー側がトレード時に不正行為を犯したか出金のルールに従っていない可能性が高いです。

Tradeviewは、NDD方式を採用していて、スプレッドで利益を確保しているFX業者なので利益を出金する行為は、Tradeview側のマイナスへと繋がらないのであえて出金拒否をするとは考えにくいです。

もし、出金拒否などされて不正行為などに心当たりがない方は、すぐにサポートセンターへ問い合わせをしてみましょう。

Tradeviewの出金方法を理解すればスムーズに出金が可能

Tradeviewは、出金理由の回答や出金申告の際、身分証の提示など他のFX業者と比べると少々ややこしい部分がありますが、慣れてしまえば非常にスムーズに出金が可能になります。

Tradeviewの出金ルールや海外FX独自の出金ルールがありますので、ややこしく感じる方はbitwalletで出金すれば、特に問題なくすぐに出金が可能です。

海外FXの出金に慣れていない人は、bitwalletで出金するのをおすすめします。

\ 中上級者向けハイスペック海外FX業者 / Tradeviewの公式ページはこちら

この記事を書いた人

海外FXのアレコレ編集部

当サイトに掲載している海外FX業者は、すべて実際に口座開設し利用しています。
利用して感じた「メリット」「デメリット」を包み隠さず公開することで、トレーダーの皆さんの海外FX業者選びの参考になれば幸いです。