Tradeviewでスキャルピング!メリット・デメリットを徹底解説!

Tradeview トレードビュー スキャルピング

‣ Tradeviewはスキャルピングができる?

‣ Tradeviewのスキャルピングに関するルールや注意点は?

‣ Tradeviewでスキャルピングするのにメリットはある?

Tradeview(トレードビュー)はスキャルピングができる海外FX業者です。

スキャルピングは人気のあるトレード方法ですが、利用する海外FX業者の特性やスキャルピングに向いているかを把握していないとうまくスキャルピングで利益が出せない可能性があります。

この記事を読めばコレが分かる!

・Tradeviewでスキャルピングをするメリット・デメリット

・Tradeviewがスキャルピングに向いている理由

・Tradeviewでスキャルピングをする注意点

この記事を読んで頂くことで、Tradeviewでスキャルピングをするメリット・デメリットを把握することができ、Tradeviewはスキャルピングに向いている海外FX業者なのか分かるようになります。

メリット・デメリットを知ることで、スキャルピングを利用したトレードを有利行う事ができ利益アップに繋げることも可能です。

Tradeviewはスキャルピングができる海外FX!

Tradeview TOPページ

Tradeviewはスキャルピングを禁止していない海外FX業者です。

海外FX業者の中には、スキャルピングを完全に禁止している業者や細かいルールがあったりしますが、Tradeviewは取引制限がないためスキャルピングを自由にすることができます。

ただし、取引サーバーに負担をかけるような悪質なスキャルピングは規約違反となる可能生もあるので、取引制限がないといっても常識の範囲でスキャルピングするようにしましょう。

\ 中上級者向けハイスペック海外FX業者 / Tradeviewの公式ページはこちら

Tradeviewがスキャルピングに向いている5つの理由

Tradeviewが、スキャルピングに向いている5つのメリットとなる理由を解説します。

【ココがスキャルピングに向いている】①cTrader・Currenexが利用できる

Tradeview スキャルピングメリット① cTrader・Currenexが利用できる

Tradeviewでは、MT4/MT5以外に「cTrader・Currenex」のプラットフォームを利用してトレードが可能です。

cTraderCurrenexにはスキャルピングに向いている特徴があります。

cTrader・Currenexの特徴

・cTrader:リクオートなしのスキャルピング特化型

・Currenex:大量注文が可能なプラットフォーム

cTraderはリクオートが一切なしなので、約定拒否をされることがないプラットフォームです。

また、複数のポジションを同時に決済できるのでスキャルピングをするにあたってメリットがあります。

Currenexは、約1000万ドルの取引を一回で行えるため、大量取引をした場合でもサーバーに負担をかけないスキャルピングが可能です。

【ココがスキャルピングに向いている】②約定力が高い

Tradeview スキャルピングメリット② 約定力が高い 

Tradeviewは、約定力が高い海外FX業者で大幅なスリッページがなくスキャルピングができます。

Tradeviewの約定力が高い理由

・メインサーバーの回線が高性能

・50以上のLP(リクディティプロバイダー)と契約

約定力が高い海外FX業者でのスキャルピングは、イメージ通りのトレードができるのはメリットです。

【ココがスキャルピングに向いている】③指値&逆指値が使いやすい

Tradeview スキャルピングメリット③ 指値&逆指値が使いやすい

Tradeviewの指値・逆指値は0.2pipsの幅で注文が可能なので注文を入れておけば自動でスキャルピングをすることも可能です。

海外FX業者の指値・逆指値の平均幅が3.0~5.0と広めの設定になっているのでスキャルピングがやりずらいですが、Tradeviewではそのような心配もなく指値・逆指値を利用してスキャルピングができるので非常にメリットとなります。

【ココがスキャルピングに向いている】④ILC口座のスプレッドの低さ!

Tradeview スキャルピングメリット④ ILC口座のスプレッドの低さ!

TradeviewのILC口座の全通貨平均スプレッドは、0.2pipsと非常に低いです。

スキャルピングでは、スプレッドが重要になってくるのでスプレッドが低いILC口座との相性が非常に良いと言えます。

取引コストを抑えたスキャルピングは利益アップに繋がるメリットが多いです。

【ココがスキャルピングに向いている】⑤両建てでスキャルピングが可能!

Tradeview スキャルピングメリット⑤ 両建てでスキャルピングが可能!

Tradeviewでは、両建てをしたスキャルピングも制限なくできます。

両建てにはいろいろな手法があり、両建てとスキャルピングは非常に相性が良いです。

海外FX業者の中には両建てに厳しい業者も多いですが、Tradeviewでは制限されていないので効率よくスキャルピングすることができます。

\ 中上級者向けハイスペック海外FX業者 / Tradeviewの公式ページはこちら

Tradeviewでスキャルピングをする3つのデメリット

Tradeviewのスキャルピングをするのにココが残念と感じたデメリットをご紹介します。

【ココが残念3つのデメリット】①ロスカットレベルが高い

Tradeview スキャルピングデメリット① ロスカットレベルが高い

Tradeviewのロスカットレベルは、証拠金維持率100%を下回ると施行されます。

海外FXのロスカットレベルの水準は40%程度なので、Tradeviewはロスカットレベルだと大量注文が多くなるスキャルピングにはデメリットだと感じました。

【ココが残念3つのデメリット】②ボーナスの利用ができない

Tradeview スキャルピングデメリット② ボーナスが利用できない

Tradeviewでは、ボーナスの給付がないのでボーナスを利用したスキャルピングができません。

海外FX業者ではほとんどの業者がボーナスやキャンペーンを実施しており、自己資金を使わずスキャルピングなどの手法を利用して稼ぐことが可能になりますが、Tradeviewではできないので大きなデメリットと言えます。

【ココが残念3つのデメリット】③ILC口座の最大レバレッジが200倍

Tradeview スキャルピングデメリット③ ILC口座の最大レバレッジが200倍

TradeviewのILC口座の最大レバレッジが200倍と他の海外FX業者のレバレッジと比較しても低いです。

レバレッジが200倍では、海外FXの魅力の一つでもある、高いレバレッジを活かしたトレードが困難になってしまいます。

スプレッドが低いILC口座とスキャルピングの相性は抜群ですが、レバレッジが低い点は勿体ないと感じました。

\ 中上級者向けハイスペック海外FX業者 / Tradeviewの公式ページはこちら

Tradeviewのスキャルピングに関するQ&A

Q
ゼロカットを利用したスキャルピングは規約違反になりますか?
A

普段通りトレードをしていてゼロカットが施行された場合は心配ありませんが、明らかにゼロカットを利用していると判断された場合なんらかのペナルティを受ける可能性はあります。

Tradeviewは、トレードに関する制限はありませんが常識の範囲内でトレードするようにしましょう。

Q
Tradeviewでスキャルピングするにあたって注意することはありますか?
A

他の海外FX業者を利用した両建てのスキャルピングは注意が必要です。

Tradeviewで他の海外FX業者を利用した両建てのスキャルピングが規約違反にならない場合でも、他の海外FX業者が両建てのスキャルピングを禁止している可能性があります。

両方の海外FX業者に確認を取ってからトレードするようにしましょう。

Tradeviewはスキャルピングと相性が良い!

実際に取引をしてみてTradeviewはトレードの制限がないことやスプレッドの低さから、スキャルピングと相性が良い海外FX業者と感じました。

スキャルピングをするのにデメリットになる部分もありますが、メリットの方が上回っており非常にスキャルピングがしやすい海外FX業者です。

Tradeview約定力の高さ、ILC口座のスプレッドの低さはスキャルピングするのに非常にメリットとなります。

ただし、トレードの制限がないと言っても悪質なスキャルピングは規約違反になる可能性があるので、常識の範囲内でスキャルピングをするようにしましょう。

\ 中上級者向けハイスペック海外FX業者 / Tradeviewの公式ページはこちら

この記事を書いた人

海外FXのアレコレ管理人

2016年に海外FXで取引開始 → 2018年に当サイト「海外FXのアレコレ」を開設 → 海外FX業者レビュー数10社を突破!!

※当サイトに掲載している海外FX業者は、すべて実際に口座開設し利用した上でレビューしています。