Tradeviewの入金方法を徹底比較!最もお得な入金方法【決定版】

tradeview トレードビュー 入金

Tradeview(トレードビュー)には、18種類と多くの入金方法があります。

入金方法の中には、有名なものや知名度が低いものまで幅広くあるので入金方法に迷ってしまう人が多いです。

この記事を読めばコレが分かる!

・Tradeviewの最適な入金方法

・その他入金方法をオススメしない理由

・Tradeviewの入金に関する注意点

お金を増やしたいという思いからFXをしている人が大半だと思うので、無駄なコストは極力削減していきましょう。

早速結論!Tradeviewの入金はbitwalletが一番おすすめ

bitwallet ロゴ

Tradeviewで一番おすすめの入金方法は、ずばりbitwallet(ビットウォレット)です。

それではbitwalletの特徴を解説します。

【bitwalletがオススメな理由①】入金手数料が完全無料

bitwalletで入金すると、入金手数料が完全に無料なのでおすすめです。

多くの海外FX業者では、クレジットカードや銀行送金などで入金すると入金手数料がかかってしまいます。

しかし、Tradeviewではbitwalletで入金した場合、入金手数料をTradeview側が負担してくれるというシステムなので完全無料で入金ができます。

【bitwalletがオススメな理由②】4つのブランドのクレジットカードが使える

bitwalletでは、世界的にも有名な4つのブランドのクレジットカードの利用が可能になります。

利用可能なクレジットカード

・Master

・VISA

・AMEX

・Diners

Tradeviewでは、「Master」「VISA」の二つのブランドのクレジットカードの利用が可能ですが、bitwalletを通す事により「Master」と「VISA」を所持していなくても「AMEX」「Diners」の大手ブランドのクレジットカードの利用が可能になります。

\ 中上級者向けハイスペック海外FX業者 / Tradeviewの公式ページはこちら

Tradeviewの入金方法は大きく分けて3種類ある!

Tradeviewの入金方法は、大きく分けて3種類あります。

①決済サービス

②Eウォレット入金

③銀行送金

①決済サービス

bitwalletやクレジットカードを利用した、決済サービスの入金方法です。

決済サービスの特徴

・反映時間 即日

・入金手数料 無料

Tradeviewで利用できる6種類の決済サービス

・barter

・クレジットカード

・e-Transter

・bitwallet

・ecoPayz

・Flutterwave

以上の6種類の決済サービスで入金が可能になりますが、barterとbitwallet以外「円」での入金が不可能なので利用をおすすめはできません。

②Eウォレット

Eウォレットとは、電子マネー決済システムの事を指します。

Eウォレットの特徴

・反映時間 即日

・手数料 無料

Tradeviewで利用できる8種類のEウォレット

・uphold

・bitpay

・sticpay

・tasapay

・TransterMate

・advcashA

・halpay

・payR

以上の8種類がEウォレットに対応しています。

③銀行送金

Tradeviewは、銀行送金も可能です。

銀行送金の特徴

・反映時間 1~3営業日

・手数料 無料

Tradeviewで利用できる6種類の銀行送金方法

・GCPARTNERS

・Scotiabank

・BMO

・banreglo

・BANCOPICHNCHA

・interbank

以上の方法で銀行送金が可能です。

その他の入金方法がおすすめできない理由

tradeview 入金方法 デメリット一覧

Tradeviewでは、他の海外FX業者より入金方法が多くbitwallet以外でも便利な入金方法はもありすが、デメリットも多くあるのでおすすめができません。

その他入金方法の、デメリットをご紹介します。

銀行送金のデメリット

銀行送金のデメリット

・手数料が平均5,000円と高い

・反映時間が1~3営業日と長い

・海外銀行を経由するので慣れていないと難しい

Tradeviewでは、銀行送金の入金が取引口座に反映されるまで1~3営業日と反映されるまでが長いです。

反映に時間がかかってしまうと、強いトレンドが発生した時などすぐに対応できず、チャンスを逃してしまうデメリットが生じられます。

反映時間だけでなく、入金手数料が平均5,000円かかってしまうので入金手数料が無料のbitwalletと比べると損をしてしまうので銀行送金はおすすめできません。

Flutterwave入金のデメリット

Flutterwave ロゴ
Flutterwaveのデメリット

・Flutterwaveの知名度が低い

・入金額までしか出金ができない

Flutterwaveは、ナイジェリアの決済サービスで知名度が非常に低いです。

「VISA」「Masterカード」を利用できて即日反映されるので使い勝手は良さそうですが、bitwalletもほぼ同じ条件ですので、世界的に有名なbitwalletを利用するのを推薦します。

また、Flutterwaveでは最低入金額が250ドルと高額ですので、少額でトレードを希望の方にはデメリットです。

uphold入金のデメリット

uphold ロゴ
upholdのデメリット

・日本語対応していない

・新規でアカウントを作るのに手間がかかる

upholdは、ロンドンのUpholdHQという会社が提供しているEウォレットサービスです。

upholdは、信用性の高い会社なので利用者は多いですが、日本語が対応していないデメリットがあります。

日本語対応していないと、問い合わせなど何かあった時、不便な点を考えるとおすすめはできません。

STICPAY入金のデメリット

sticpay ロゴ

STICPAYは、香港に本社があるSticPayが提供するオンラインウォレットサービスです。

世界中で利用が可能で知名度もありますが、STICPAYに入金する際の手数料がかかってしまうというデメリットがあります。

bitwalletなら、bitwallet口座に入金する手数料が無料なので無駄な出費が出なくおすすめです。

\ 中上級者向けハイスペック海外FX業者 / Tradeviewの公式ページはこちら

各入金方法の口座反映時間を比較してみた

入金方法によって、反映時間が異なるのでそれぞれの入金反映時間の目安をご紹介します。

・bitwallet入金 半日~1日

・クレジットカード入金 即時

・国内銀行送金 1営業日~3営業日

・STICPAY入金 半日~1日

Tradeviewは、入金の反映が遅い海外FX業者と口コミなどがありますが、必要な分をクレジットカードで即時反映させた後から、bitwalletで入金するなど入金方法を工夫すれば、入金が遅いというネックな部分を解決できます。

【画像付き】bitwalletの入金手順を解説!

まずは、bitwallet口座を開設します。

tradeview bitwallet 入金方法

①bitwallet口座開設後、Tradeviewの公式ページを開き入出金をクリックします。

\ 中上級者向けハイスペック海外FX業者 / Tradeviewの公式ページはこちら

tradeview bitwallet 入金方法

②クリック後、入金方法の選択ページに以降するのでbitwalletの欄の入金するをクリック。

入金するをクリック後、以下の必要事項を入力をします。

・氏名(ローマ字入力)

・メールアドレス

・Tradeview取引口座番号

・入金額

tradeview bitwallet 入金方法

③必要項目の入力完了後、bitwalletのページに移行するので「bitwalletにアカウントをお持ちの方」をクリック。

tradeview bitwallet 入金方法

④送金情報を確認して、間違いがなければ「決済する」をクリック。

決済がかん完了したら、数分でTradeviewの口座に入金が反映されます。

Tradeviewに入金した投資金は安全?信託保全について解説

海外FX業者を利用するにあたり、重要視したい事は資金の安全性です。

Tradeviewは、ケイマン諸島のライセンスを保有している他、IOSCO(通称イオスコ、証券監督者国際委員会)」という投資家保護機関にも加盟しているので安全性が高い海外FX業者といえます。

Tradeviewは35,000ドルの信託保全

Tradeviewの信託保全は35,000ドル(約350万円)です。

Tradeviewが破綻したとしても会計機関、FundAdministration Incにより、トレーダーの投資資金は35,000ドルまで返還されるシステムになっています。

Tradeviewの入金の欠点をbitwalletなら補える

Tradeviewの入金方法は、他の海外FX業者と比較しても非常に豊富です。

入金方法が多いので、デメリットが生じる入金方法もでてきますが、bitwallet入金なら他の入金方法の欠点を補えるのでデメリットなく入金することが可能になります。

\ 中上級者向けハイスペック海外FX業者 / Tradeviewの公式ページはこちら

この記事を書いた人

海外FXのアレコレ編集部

当サイトに掲載している海外FX業者は、すべて実際に口座開設し利用しています。
利用して感じた「メリット」「デメリット」を包み隠さず公開することで、トレーダーの皆さんの海外FX業者選びの参考になれば幸いです。