TaitanFXでスキャルピングをやりたいと検討するトレーダーの方は以下のようなポイントが気になりますよね。

「TaitanFXはスキャルピングするのに向いているのか」
「TaitanFXでスキャルピングを行う際の禁止事項はないのか」

これらの疑問はこの記事を読めばすべて解決することができます。その他にもTaitanFXでスキャルピングをやるうえで、大切なことを解説しています。

TitanFXのアレコレ管理人
管理人
TaitanFXでスキャルピングをやりたいと思っている人には必見の記事となっています。

\ 完全日本語対応 /
TitanFXの公式ページ

ズバリTaitanFXでスキャルピングトレーダーに超オススメである!

TaitanFXでスキャルピングをして、稼げるのかと疑問に思っているそこのあなた。

ズバリTaitanFXはスキャルピングトレーダーにオススメできる海外FX業者と言えます。

スプレッドの狭さは業界屈指!

スキャルピングをやるうえで、最も気になる事といえばスプレッドの狭さではないでしょうか?

スキャルピングは短い時間で取引するので、1回の取引で得られる利益は少ないです。

ですからデイトレードやスイングトレードに比べて、スプレッドが狭いかどうかは最重要といっても過言ではありません。

TaitanFXは業界随一のスプレッドの狭さを誇っています。

TitanFXのスプレッドが狭い理由

TaitanFXのスプレッドの狭さの秘訣はダイナミック・リクイディティ・アグゲーション技術というTaitanFXが自社開発したシステムで、このシステムのおかげでより通貨の流動性が良いプロバイダーを選択することができ、取引する私たちがより狭いスプレッドで取引することができます。

下記にスタンダード口座の代表的な通貨いおけるスプレッドを紹介します。

通貨ペア 平均スプレッド
USDJPY 1.33pips
USDEUR 1.2pips
EURJPY 1.74pips
GBPJPY 2.45pips
AUDJPY 2.12pips
NZDJPY 2.62pipis
CHFJPY 2.31pips
CADJPY 2.1pips
GBPUSD 1.57pips

*出典 TaitanFX公式サイトより引用

高い約定力と超高速決済が可能である

スキャルピングをする上でもう一つ大事な事は約定力の高さ・速さです。

相場のタイミングが良く取引できても、スリッページが起こりやすいとスキャルピングの意欲がなくなってしまいます。

その点TaitanFXではプロバイダーと銀行のサーバー間を高速光ファイバーでで接続することで、超高速で安定した取引を実現させています。

しかもサーバーのメンテナンスも常に行っているので、約定しにくい時間帯が極力出ないような努力が行われています。

スキャルピングに適したブレード口座が存在する

TaitanFXには2種類の口座があり、スタンダード口座とブレード口座が存在します。

もちろんスタンダード口座のスプレッドは狭いのですが、ブレード口座というさらにスプレッドが狭い口座が用意されています。

このブレード口座はスプレッドがなんと最小ゼロになるという口座が存在します。

ブレード口座を使う事で、スキャルピングがかなりやりやすくなります。

下記に代表的な通貨ペアのブロード口座におけるスプレッドを示します。

通貨ペア 平均スプレッド
USDJPY 0.33pips
USDEUR 0.2pips
EURJPY 0.74pips
GBPJPY 1.45pips
AUDJPY 1.12pips
NZDJPY 1.62pips
CHFJPY 1.31pips
CADJPY 1.1pips
GBPUSD 0.57pips

*出典 TaitanFX公式サイトより引用

ブレード口座の注意点

ブレード口座はスプレッドは狭いのですが別途取引手数料がかかるので注意しましょう。
取引手数料は10万通貨あたり7ドルとなっています。

TaitanFXは公式でスキャルピング取引を認めている

titanfx スキャルピング

ここまでTaitanFXの利点にを述べてきましたが、そもそもTaitanFXスキャルピングで認められているのかという疑問を持つ人もいると思いますが、TaitanFXはスキャルピングOKです。

実はFX会社によってはスキャルピングを公には認めていない会社も存在します。特に国内のFX会社はスキャルピングを認めていないところが多いです。

その点TaitanFXは、公式ホームページにも堂々とスキャルピングをしても良いと宣言しています。何も恐れることなくスキャルピングをやってみましょう。

スキャルピングの勝率を上げる4つのポイント

スキャルピングで大事な事が4つあります。これらを実践するとスキャルピングの勝率を上げることができます。

1つ1つはそんなに難しいものではないのですが、4つすべて守ると効果は絶大なものとなります。

①損切りと利食いのラインをあらかじめ定める

取引をする前に損切りと利食いのラインをあらかじめ定めましょう。このラインを定めるポイントは、自分の資金との兼ね合いで決めましょう。

良くやりがちな事ですが、自分の欲しい利益から損切りと利食いのラインを決めてしまうのは辞めた方が良いです。

なぜなら利益はまだ出ていいないので計画が甘くなってしまったり、無茶な取引をしてしまうからです。

その点、自分の資金の兼ね合いだと、すでに手元にあるので現実的な計画を立てやすくなります。

ですから、損切りと利食いのラインは自分の資金との兼ね合いで決めましょう。

➁取引するべきポイントを定める

スキャルピングはいつでも取引できるのですが、明確に取引するポイントを定めることが重要です。

この取引するポイントを決めるのはローソク足、移動平均曲線、ボリンジャーバンドなどのテクニカル指標を参考にして自分の取引するポイントを定めましょう。

TitanFXのアレコレ管理人
管理人
取引するポイントを定めないと、無駄な取引が増えてしまい損失がかさんでしまいます。

③取引する時間帯を決める

スキャルピングにおいて取引する時間帯が大事な理由は、時間帯によって取引しやすい時間帯があるからです。

日本時間の21時~24時の間は、ロンドン市場とニューヨーク市場で取引されている時間帯で通貨の流動性が非常に高くのでスキャルピングに向いています。

この時間帯であれば、仕事終わりでも十分に取引を行うことができます。

逆におススメしない時間帯は日本時間6時~8時で東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場がすべて閉まっている時間帯で、通貨の流動性が低くスプレッドも広い傾向にあるのでおススメできません。

参考:TitanFX(タイタンFX)の取引時間を徹底解剖!サマータイムや年末年始はどうなる?

④取引を振り返り記録を付ける

1日の取引を終えたら、取引を振り返り記録を付けましょう。

勝っている時は良いのですが、負けている時は振り返るのが嫌になる人もいるかと思いますが、負けた理由を振り返り記録を付けていくと自分の悪い癖が見えてきたりします。

    • 焦って取引するべきでないポイントで取引してしまった。
    • 損切りするべきラインで損切りできず、損失が広がった

など頭では良くないとわかっていても取引する時には、一種の興奮状態となるのでついつい失敗しがちです。

これらの癖はすぐには治りません。ですから、取引を振り返る時間を設けて冷静な状態で、自分の行った取引の記録を付けてみましょう。

自分の取引の記録は、自分にとってかけがえのない財産になる事でしょう。

TaitanFXでスキャルピングをやるのはおススメ出来る!

TaitanFXはスキャルピングをやるのに向いているFX業者だといえます。

    • 業界随一の狭いスプレッド
    • 高い約定力と超高速決済
    • スキャルピングに適したブレード口座

がTaitanFXの特徴で、しかも公式サイトでスキャルピングを公に認めています。

あなたもこの記事を読んでTaitanFXでスキャルピングをしてみましょう。

TOP 背景

TitanFXが選ばれる理由

・業界最狭スプレッド
・最大レバレッジ500倍
・ゼロカット搭載で追証なし

この記事を書いた人

TitanFXのアレコレ管理人

現役の海外FXトレーダー / デイ - スウィングでトレード / HP制作会社に勤めていた経験を生かし、どこよりも分かりやすく有益な情報発信ができるよう日々精進します。