【画像付き】DealFXの法人口座開設手順をカンタン解説

dealfx ディールFX 法人口座

DealFX(ディールFX)の法人口座は、海外口座の開設に慣れていない人でも簡単に開設する事が可能です。

法人口座開設の必要書類が知りたいという方や法人口座開設の手順を詳しく知りたいという方に今回は、DealFXの法人口座開設手順を画像付きでわかりやすく解説します。

DealFXは法人口座開設できる!

DealFXでは、法人口座の開設が簡単で迅速に開設することが可能です。

ただし、20歳未満は法人口座の開設ができません。

\ 今なら口座開設ボーナス¥5,000 贈呈中 / DealFXの公式ページはこちら

DealFXで法人口座開設する前に準備しておくこと

法人口座の開設に必要な証明書類は、以下の5点です。

法人口座開設時に必要な書類

①代表様の顔写真付き本人確認資料

②IDセルフィー

③現住所確認資料

④法人確認資料

⑤法人現住所確認資料

法人口座の開設には、必要書類の提出が義務付けられていますが、個人口座開設とは必要書類が異なるので注意しましょう。

①代表様の顔写真付き本人確認資料

顔写真付きの本人確認資料として認められるものは、以下の5点です。

顔写真付き本人確認資料として認められるもの

・運転免許証

・マイナンバーカード

・パスポート

・写真付き住民基本台帳カード

・在留カード

・特別永住者証明書等

②IDセルフィー

提出する顔写真付き本人確認書類の、顔写真が記載されている面と本人の顔がひとつの画像に収まるように撮影した写真です。

解像度が高い写真でないと、再提出の求められるので画質には注意してください。

③現住所確認資料

現住所確認資料として認められるのは、以下の7点です。

現住所確認資料として認められるもの

・公共料金の請求書・領収書

・金融機関(銀行・クレジットカード会社等)発行の請求書・明細書

・電話(携帯電話)会社発行の請求書・明細書

・政府機関(税務機関など)発行の書類

・各種健康保険証

・住民票

・印鑑登録証明書

それぞれ1点必要となります。

DealFXの登録内容と現住所確認書類の氏名・住所が一致していないものは、現住所確認書類として認められません。

さらに、6ヶ月以内の発行日が印字されているものでないと、認められないので注意してください。

④法人確認資料

法人確認書類として認められるのは、以下の2点です。

・履歴事項全部証明書(登記簿謄本)

・設立定款等

開設する前に予め準備しておくと、素早く口座開設をすることが可能になります。

⑤法人現住所確認資料

法人現住所として認められるのは、以下の4点です。

・公共料金の請求書・領収書

・金融機関(銀行・クレジットカード会社等)発行の請求書・明細書

・電話(携帯電話)会社発行の請求書・明細書

・政府機関(税務機関など)発行の法人の書類

DealFXの登録内容と法人現住所確認書類の法人名義・法人住所が一致していないものは、法人現住所確認書類として認められません。

さらに、6ヶ月以内の発行日が印字されているものでないと、認められないので注意してください。

DealFXの法人口座開設手順

法人口座の開設手順は以下の通りになります。

法人口座開設STEP

①サインアップ

②メールアドレスの確認

③会社情報の登録

④代表者情報の登録

⑤取引口座の登録

⑥セキュリティ情報の登録

⑦受信メールの登録

DealFX法人口座開設手順を画像付きでわかりやすく詳しく解説します。

\ 今なら口座開設ボーナス¥5,000 贈呈中 / DealFXの公式ページはこちら

①サインアップ

DealFXの法人口座開設手順

サインアップしてリアル口座開設をクリック。

メールアドレス認証ホームに移動します。

②メールアドレスの確認

DealFXの法人口座開設手順 メールアドレスの確認

①法人のお客様をクリック。

②メールアドレスを記入(すべて半角英数字)

③私はロボットではありませんにチェック。

④登録フォームの送信をクリック。

DealFXの法人口座開設手順 メールアドレスの登録

登録メールアドレスの確認画像に移行したら、メールアドレスの登録は完了です。

DealFXからのメールに添付してあるURLをクリックすると、アカウントの作成ページへ移行します。

③会社情報の登録

会社情報の入力手順を解説します。

DealFXの法人口座開設手順 会社情報の登録

各種規約をしっかりと読み「私は、これらの規約を十分に理解し同意します」にチェック。

DealFXの法人口座開設手順 会社情報の登録
DealFXの法人口座開設手順 会社情報の登録

①会社名を英語表記で記入(半角英数字)

②設立年月日を選択。

③会社の所在地を入力の際、英語表記ではなく日本語表記ですので注意してください。

④所在地が海外の場合はチェック。

⑤会社の所在国を選択。

⑥郵便番号を入力(郵便番号を入力すると該当する住所が表示されます)

⑦会社の都道府県を選択。

⑧会社の市町村の入力。

⑨会社の番地を入力。

⑩会社の建物名などを入力(無ければ空欄で可)

⑪業種をリスト内から選択。

⑫該当する業種が、リストにない場合は日本語表記で記入。

⑬国番号を選択、会社の所在地が日本の場合は+81。

⑭電話番号を入力。

⑮ホームページがある場合は、URLを記入。

以上の15点が会社情報の登録方法です。

④代表者情報の登録

次は代表者の入力手順を解説します。

DealFXの法人口座開設手順 代表者情報の登録
DealFXの法人口座開設手順 代表者情報の登録

①代表者の氏名をローマ字で入力。

②代表者の性別を選択。

③代表者の生年月日を選択。

④代表者の国籍を選択。

⑤海外に住んでいる方はチェックを入れてください。

⑥代表者の移住国を確認。

⑦郵便番号を入力(郵便番号を入力すると該当する住所が表示されます)

⑧代表者の住まいの都道府県の入力

⑨国番号を選択、代表者の所在地が日本の場合は+81。

⑩代表者の電話番号を入力(携帯番号でも可)

⑪認証済みのメールアドレスが記入済みなので、確認。

認証済みのメールアドレスが異なる場合は、新規登録をやり直す必要があります。

以上11点が、代表者情報の登録方法になります。

⑤取引口座の登録

次は、法人口座に使用する取引口座の登録手順を解説します。

DealFXの法人口座開設手順 取引口座情報の登録
DealFXの法人口座開設手順 取引口座設定

①MT4/MT5からプラットフォームの選択。

②スタンダード口座/アクティブ口座から口座タイプの選択。

③100倍~400倍のレバレッジの選択

④米ドル/日本円/ユーロから取引口座にしようする通貨の選択。

以上4点が取引口座の登録手順になります。

※取引口座情報は、後ほど「Client Manager」から変更することが可能です。

⑥セキュリティ情報の登録

次は、セキュリティ情報の登録手順の解説をします。

DealFXの法人口座開設手順 セキュリティ情報の登録

①「Client Manager」で使用するパスワードを半角英数8文字以上入力。

②再度パスワードを入力。

③「母親の旧姓」「最初に飼ったペットの名前」「生まれた地名」「好きな色」から好きな質問を選択。

④秘密の質問の答えを入力。

以上4点がセキュリティ情報の登録手順になります。

※セキュリティ情報は、後ほど「Client Manager」から変更することが可能です。

⑦受信メールの有無の設定

最後に受信メールの有無の選択をします。

①定期的なメールマガジン有無。

チェックを入れるとキャンペーンのお知らせや、ボーナス・新機能がリリースされた時にDealFXからメールが届きます。

②取引詳細

チェックを入れると日毎、月毎の取引メールがDealFXから届きます。

※メール設定は後ほど「Client Manager」から変更することが可能です。

③確認画面へをクリック

※入力・選択に誤りがある場合は「ご入力が完了していません」と表示されているので、再度入力・選択に誤りが無いか確認しましょう。

解説した手順の入力・選択が全て完了すると確認画面へをクリックすることができます。

入力や選択に間違いがなければ確認画面へをクリックして、確認画面へに進みます。

以上がDealFX法人口座開設手順になります。

DealFX法人口座開設は5分程度で登録ができる。

DealFX法人口座開設は、海外口座の開設経験者なら5分程度、初心者なら15分程度で完了します。

必要書類や入力する項目が個人口座開設と異なりますので注意してください。

また、入力欄の英語で入力する部分を日本語で入力してしまうなどミスがないように、法人口座開設手順を参考にしてください。

\ 今なら口座開設ボーナス¥5,000 贈呈中 / DealFXの公式ページはこちら

この記事を書いた人

海外FXのアレコレ管理人

2016年に海外FXで取引開始 → 2018年に当サイト「海外FXのアレコレ」を開設 → 海外FX業者レビュー数5社を突破!!

※当サイトに掲載している海外FX業者は、すべて実際に口座開設し利用した上でレビューしています。