Bigbossの出金方法マニュアル!最もお得な出金方法はどれ?

Bigboss ビッグボス 出金

‣ Bigbossはどんな出金方法がある?

‣ Bigbossでおすすめな出金方法はなに?

‣ 各出金方法の特徴やデメリットを知りたい!

Bigboss(ビッグボス)は全部で5種類の出金方法を選択することが可能です。

海外FXには、各社出金のルールがあり利用する海外FX業者のルールを把握していないと手数料が無駄にかかったり、着金まで時間がかかったりデメリットになることがあります。

この記事を読めばコレが分かる!

・Bigbossで一番おすすめな出金方法

・Bigbossの出金方法一覧

・各出金方法の特徴・デメリット

この記事を読んで頂くことで、Bigbossで一番おすすめな出金方法と各出金の特徴やデメリット知ることができます。

おすすめの出金方法や各出金方法の特徴やデメリットを知ることで、出金がスムーズに行え効率よく銀行口座に着金することが可能です。

早速結論!Bigbossの出金は銀行送金が一番おすすめ

Bigboss TOPページ

Bigbossで入金する方法は、全部で5つありますが一番おすすめの方法は銀行送金です。

Bigbossで利用できる出金方法

・銀行送金

・クレジットカード

・bitwallet

・BXONE

・仮想通貨

Bigbossの出金方法概要一覧

出金方法出金手数料着金日数
銀行出金日本国内銀行2000円1~5営業日
クレジットカード無料ブランドによって異なる
bitwallet無料1~5営業日
BXONE無料1~5営業日
仮想通貨無料1~5営業日

銀行出金は、手数料が2000円かかってしまいますが、初心者でも簡単に出金手続きをすることができ、入金の際国内銀行送金を利用すれば利益分の出金も可能なので、一番おすすめな出金方法となります。

\ 最大レバレッジ999!ロスカット水準20% /Bigbossの公式ページはこちら

銀行送金で出金するメリット

Bigbossで銀行送金を利用した出金のメリットを解説します。

メリット①出金手続きがシンプルで簡単!

Bigbossの出金手続きは、とてもシンプルなので初心者でも簡単にできます。

電子ウォレットなどに登録する必要がなく、Bigbossの公式ページから簡単に出金手続きの詳細を見ることが可能。

銀行を利用して出金するのであれば「本当に出金できるの?」という不安要素もないのでおすすめです。

メリット②一度で利益分の出金も可能!

海外FXには、マネーロンダリングの関係で入金と出金は同じ方法でなくてはいけないルールがありますが、国内銀行送金はこのルールをクリアしているため、出金の時に無駄な時間や手間がかかりません。

一度で全額出金できるので、非常に大きなメリットとなります。

その他出金方法では何故ダメなの?各出金方法の特徴・デメリットを解説

銀行送金以外の出金方法の特徴とデメリットを解説します。

クレジットカードの特徴・デメリット

クレジットカード ロゴ

クレジットカードの特徴とデメリットは以下の通りです。

特徴

・手数料無料

・VISA、Mastercard、JCBの3社利用可能

デメリット

・クレジットカードで入金した分は60日間出金ができない

・利益分の出金ができない

クレジットカードの出金は非常にデメリットが多いのでおすすめできません。

まず、Bigbossの出金ルールで「クレジットカードで入金した分は60日間出金」ができません。

そして、利益分は銀行送金や電子ウォレットを利用して出金しなければいけないので、出金に手間がかかってしまいます。

着金日数も利用する、クレジットカードのブランドによって異なるので注意が必要です。

bitwalletの特徴・デメリット

bitwallet ロゴ

bitwallet特徴とデメリットは以下の通りです。

特徴

・大手電子ウォレットで安心感がある

・利益分の出金可能

・手数料無料

デメリット

・サイトに不都合が起きることがある

・Bigbossと提供が終了したら利用できなくなる

bitwalletは、大手電子ウォレットなので利用者が多く大切な資金を預けるには非常に安心感がありあすすめです。

しかし、クレジットカードを利用して入金ができなくなるなど不都合が起きることもあります。

また、Bigbossとbitwalletの提供が終了してしまうと、bitwalletの利用ができなくなるデメリットもあります。

BXONEの特徴・デメリット

BXONE ロゴ

BXONE特徴とデメリットは以下の通りです。

特徴

・手数料無料

・電子ウォレットなので資金管理に優れている

デメリット

・知名度が低い

・BXONEの情報量が少ない

BXONEは、電子ウォレットなので出金した資金を管理するのに非常に便利です。

しかし、知名度があまり高くないので、BXONEについて調べものをしても情報量が少なく利用したことがない人は、正直使いずらいと思います。

電子ウォレットを利用して出金するのであれば、bitwalletの方がおすすめです。

仮想通貨の特徴・デメリット

ビットコイン ロゴ

仮想通貨特徴とデメリットは以下の通りです。

特徴

・手数料無料

・ビットコインなど仮想通貨で出金が可能

デメリット

・仮想通貨を利用者でないと利用用途がない

・レードによって出金額が変動する

仮想通貨の出金は、ビットコインなどに変換して出金することが可能です。

仮想通貨の取引をしている人には、メリットとなりますが仮想通貨の取引をしていない人には利用用途がありません。

また、出金する仮想通貨の価格によって出金額が変動してしまうのがデメリットです。

【画像付き】Bigbossの銀行送金で出金する手順を解説!

Bigbossで一番おすすめの銀行送金の出金手順を解説します。

まずは、Bigbossのマイページにログインして「出金」をクリック。

Bigboss 銀行送金出金手順①

出金方法一覧ページへ移行するので「銀行出金」をクリック。

Bigboss 銀行送金出金手順②

以下の詳細記入します。

Bigboss 銀行送金出金手順③

①銀行名を英語で記入

②スウィフトコードを記入

③銀行所在国、所在都道府県、郵便番号を半角英数字で記入

④銀行住所を半角英数字で記入

⑤銀行支店名を半角英数字で記入

⑥銀行支店番号を半角英数字で記入

⑦口座番号を半角英数字で記入

⑧保存するをクリック

保存をクリック後、以下のページへ移行するので国内銀行送金を希望の方は必ず「利用する」チェックを入れてください。

Bigboss 銀行送金出金手順④

最後に以下の情報を記入します。

Bigboss 銀行送金出金手順⑤

①出金元口座を選択

②金額を記入

③出金先口座を選択(銀行情報で記入した出金先の選択が可能)

④出金するをクリック

出金手続きに問題がなければ、出金をクリック後Bigbossから出金依頼の確認メールが届きます。

以上がBigbossの銀行送金の出金手順です。

Bigbossの出金に関する注意点

Bigbossでは、口座開設の際「クイック口座開設」という本人確認書類を後回しにできる口座開設方法があります。

クイック口座開設で口座開設をした方は、本人確認書類を提出してBigbossの確認が取れてからでないと出金することができません。

出金手続きをする前に、必ず本人確認書類の提出を済ませるようにしてください。

Bigbossの出金に関するQ&A

Bigbossの出金に関するよくあるQ&Aをご紹介します。

Q
Bigbossは出金拒否したことはありますか?
A

いいえ。今まで出金拒否や口コミはありません。

しかし規約違反をした場合、利益分は出金拒否される可能性もあるので注意してください。

Q
銀行送金で出金する場合Bigbossの口座と銀行口座が一致していないと出金できませんか?
A

はい。銀行口座名義とBigbossの口座の名義が一致していないと出金することはできません。

Bigbossの記入は全て英語表記ですので、口座開設や出金先銀行を登録する際、誤字をしないように注意してください

Bigbossの出金は銀行送金なら利益分も同時に出金が可能!

Bigbossで出金するのであれば、利益分も一緒に出金ができ出金手続きが簡単な銀行送金が一番おすすめです。

クレジットカードで出金する場合は、クレジットカードで入金した分は「60日間は出金ができない」「利益はクレジットカード以外でないと出金できない」とルールがあるのでおすすめできません。

マネーロンダリング防止の為、入金と同じ方法で出金しないといけないので、入金する時は出金の事も考えるようにしましょう。

\ 最大レバレッジ999!ロスカット水準20% /Bigbossの公式ページはこちら