BigBossでスキャルピング!メリット・デメリットを徹底解説!

BigBoss ビッグボス スキャルピング

‣ BigBossはスキャルピングが認められている?

‣ BigBossでスキャルピングをするメリットとデメリットはなに?

‣ スキャルピングをする際注意することは?

BigBoss(ビッグボス)は、スキャルピングが認められている海外FX業者です。

しかし、スキャルピングが認められているからと、どんな取引方法でもスキャルピングをしていいという訳ではありません。

スキャルピングがどこまで認められているか、把握をしていないと知らずにトレード規約を反してしまい罰則を受けてしまう可能性もあります。

この記事を読めばコレが分かる!

・スキャルピングに関するルール

・Bigbossでスキャルピングをするメリット・デメリット

・スキャルピングトレードの注意点

この記事を読んで頂くことで、スキャルピングのルールやメリット・デメリットを把握する事が可能です。

BigBossの、メリットを活かしたトレード方法を知ることでスキャルピングで利益を獲得しやすくなります。

BigBossはスキャルピングができる海外FX業者!

ビッグボス ロゴ

BigBossは、スキャルピングが認められている海外FX業者です。

スキャルピングのルール等設けられていないので、存分にスキャルピングトレードをすることができます。

ただし、Bigbossの利用規約に「ゼロカットを利用したトレード」や「接続遅延・レートエラーを利用した取引」など該当しないようにスキャルピングをする必要があるので注意しましょう。

また、利用する海外FX業者の仕様によってスキャルピングの不向きがあるのでスキャルピングをするのであれば、不向きを把握する必要もあります。

スキャルピングが向いている海外FX業者の特徴

①約定力が優れている

②ECN方式が利用できる口座タイプがある

③最大レバレッジが高い

④ゼロカットが適用される

最低でも、上記4点が当てはまる海外FX業者はスキャルピングに向いている海外FX業者です。

\ 最大レバレッジ555!ロスカット水準20% /Bigbossの公式ページはこちら

【メリット】Bigbossがスキャルピングが向いている理由

実際にBigbossでスキャルピングをしてみてメリットと感じた点を解説します。

【ココがメリット①】スキャルピングで出金拒否などの心配がない

BigBoss スキャルピングメリット① 出金拒否の心配がない

Bigbossでは、取引に関する規約はありますが、スキャルピングに関するルールは設けていないので、取引規約を注意すればスキャルピングを存分に行う事が可能です。

Bigbossの規約違反に該当するトレード

・2つの口座で両建て取引を行った場合

・指標発表時などの、市場の変動性が高い時間帯を狙った取引

・BigBossの判断により公平性の欠ける取引をした場合

スキャルピングをしたから出金拒否をされるなどの心配がないのは、ストレスなくトレードができメリットと感じました。

【ココがメリット②】スキャルピング向けのプロスプレッド口座タイプもボーナスが利用できる

BigBoss スキャルピングメリット② プロスプレッド口座もボーナスの利用可能

BigBossは、豪華なボーナスが給付される海外FX業者ですが、スキャルピングに向いているプロスプレッド口座タイプにもボーナスが適用されます。

他の海外FX業者では、スプレッドが狭いECNタイプ(BigBossではプロスプレッド口座タイプ)には、ボーナスが適用されない事が多いです。

しかし、Bigbossではプロスプレッド口座タイプでもボーナスを利用してスキャルピングができるので利益を生み出すチャンスが倍増して非常にメリットとなります。

【ココがメリット③】FX通貨ペアのスプレッドが低水準以下

BigBoss スキャルピングメリット③ FX通貨ペアのスプレッドが狭い

BigBossのFX通貨ペアは、標準タイプのスタンダード口座でもスプレッドが低水準になっています。

取引手数料の計算などがない、初心者向けの口座タイプでも問題なくスキャルピングができるので、海外FX初心者にとって大きなメリットと感じました。

【ココがメリット④】両口座タイプ最大レバレッジ555倍が可能

BigBoss スキャルピングメリット④ 両口座タイプ最大レバレッジ555倍

BigBossでは、スタンダード口座タイプ・プロスプレッド口座タイプの両口座タイプのレバレッジは555倍です。

他の海外FX業者では、ECNタイプ(BigBossではプロスプレッド口座タイプ)のレバレッジは、スタンダード口座タイプより低く設定されている事が多いので少額から大きな利益を狙いにくいデメリットがありますが、BigBossではその様なデメリットがありません。

プロスプレッド口座タイプでも、最大レバレッジ555倍の取引ができるので非常にスキャルピングと相性が良くてトレードがしやすいです。

【ココがメリット⑤】スキャルピングに適した約定力

BigBoss スキャルピングメリット⑤ スキャルピングに適した約定力

Bigbossは、実際に取引してスタンダード口座でも約定力が高いと感じました。

スキャルピングは、約定力が非常に重要となるので約定力の早さは大きなメリットとなります。

【ココがメリット⑥】ストップレベル0で指値・逆指値が使える

BigBoss スキャルピングメリット⑥ 指値・逆指値注文が可能

Bigbossでは、ストップレベルが0なのでどこでも指値・逆指値注文が入れられるのでスキャルピングを簡易的に行う事ができます。

ストップレベルが設けられている海外FX業者では、小さな値幅に指値・逆指値を置くことができないので、小さな値幅を狙う場合はチャートに張り付いている必要があります。

しかし、ストップレベルが0のBigbossは、チャートに張り付いておく必要がないので、スキャルピング中もチャートから目を離すことができるのはメリットです。

【デメリット】Bigbossでスキャルピングをするデメリット

Bigbossでスキャルピングをしてみてデメリットと感じた点を正直に解説します。

【ココがデメリット①】時間帯によってスプレッドが大きく広がる

BigBoss スキャルピングデメリット① 時間帯によってスプレッドが広がる

Bigbossは、通常時のスプレッドは狭いですが、時間帯によって大きくスプレッドが開くことがあります。

経済指標前や、オープン・クローズ時などはスプレッドが広がると予想できますが、Bigbossではこの様な予想できない時間帯でもスプレッドが開くことも。

正直予想ができない時間帯にスプレッドが大きく開いてしまうと、スキャルピングがやりにくいと感じました。

【ココがデメリット②】チャートが止まることがたまにある

BigBoss スキャルピングデメリット② 時間帯によってチャートが止まる

BigBossでは、MT4のチャートが止まってしまう場合があります。

チャートが止まってしまうと、更新しても動かないので価格がどちらに動いているか分かりません。

スキャルピングの最中に、チャートが止まってしまうと決済した方がいいのか分からなくなってしまうので非常にデメリットとなります。

BigBossのスキャルピングに関するよくあるQ&Aをご紹介します。

BigBossのスキャルピングに関するよくあるQ&Aをご紹介します。

Q
スキャルピングをして何度もゼロカットになっても大丈夫ですか?
A

Bigbossでは、ゼロカットの搭載はありますが、何度も続けてゼロカットが続いてしまうと利用規約に反してしまう可能性があります。

Bigbossでは、ゼロカットを利用した取引はできない決まりになっているので、何度も連続でゼロカットになるような取引は控えた方がいいです。

ゼロカットを利用した取引をしたと自覚がない場合でも、Bigbossの判断によって規約違反になる場合もあるので注意してください。

Q
Bigbossはスリッページが起こりますか?
A

はい。値動きが激しい時や経済指標時などはスリッページが起こってしまいます。

通常のトレードであれば、スキャルピングをしていてもスリッページが気になるという事はありません。

Q
両建てをしてスキャルピングをすることは可能ですか?
A

はい。同一口座内でしたら両建てのスキャルピングも認められています。

しかし、同一口座内以外の両建ては規約違反になってしまい、スキャルピングをすることができないので注意してください。

BigBossはスキャルピングのメリットが多い海外FX業者

BigBossでは、スキャルピングのルールが設けられていなくスキャルピングに向いている海外FX業者だと実際にトレードをして感じました。

しかし、市場参加者が多い時間帯などは、チャートが止まってしまいスキャルピングがやりにくい場面もあるのが大きなデメリットとなります。

スキャルピングのルールは設けていませんが、トレード規約を守った上でスキャルピングをするようにしましょう。

\ 最大レバレッジ555!ロスカット水準20% /Bigbossの公式ページはこちら