Axioryの入金方法 – 全網羅マニュアル!お得な入金方法はどれ?

axiory アキシオリー 入金

Axiory(アキシオリー)にはさまざまな入金方法があるので、どの入金方法を使用すればいいか迷う方が多いです。

今回は、おすすめの入金方法と各入金手順を、画像付きで解説します。

この記事を読めばコレが分かる!

・Axioryで一番オススメな入金方法

・実際の入金手順を画像付き解説

・預かり資金の補償(信託保全)について

入金方法の特徴やデメリットを理解していただくことで、無駄な手数料や反映時間の短縮に繋がります。

早速結論!Axioryの入金はCurfexが一番おすすめ

Curfex ロゴ

Axioryの入金方法は、Curfex(国内送金)一番おすすめです。

curfexとは香港に拠点を置く「Curfex Ltd」という会社が提供する国際送金サービスです。

Curfexを利用する3つのメリット

①日本の金融庁から資金移動業者として認可を受けている

②国内銀行からの振込が簡単

③今後利用できなくなる可能性が低い

それぞれ3つのメリットの詳細を解説します。

①日本の金融庁から資金移動業者として認可を受けている

Curfexは、日本の金融庁から資金移動業者として認可を受けているので、日本人にとって安全性が非常に高いです。

また、日本以外の銀行にも送金できるメリットがあります。

送金対応国

・日本

・香港

・韓国

・フィリピン

・インドネシア

・シンガポール

・マレーシア

・オーストラリア

②国内銀行からの振込が簡単

Curfexは、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行のどれかを選択すれば、AXIORYの取引口座へ反映されるため、非常に簡単でスムーズに入金が可能になります。

STICPAYなどを利用して入金する場合は、STICPAYの口座に入金をしてAXIROYのマイページから入金操作をしなくてはいけませんが、Curfexはこのような時間を省くことが可能です。

③今後利用できなくなる可能性が低い

curfexは日本の金融庁が認可しているサービスなので、今後利用できなくなる事が考えにくです。

以前、Axioryではbitwalletの入金が可能でしたが、現在は使用不可能となっています。

使い慣れている入金方法が、利用できなくなった時の事を考えると、使用停止の恐れが少ない入金方法はおすすめです。

\ 業界TOPクラスに取引コストが安い / Axioryの公式ページはこちら

その他入金方法では何故ダメなの?各入金方法の特徴・デメリットを解説

Axioryには、curfex以外の入金方法が6種類あります。

①国際銀行送金

②クレシットカード/デビットカード

③STICPAY(スティックペイ)

④bitpay

⑤NETELLER (ネッテラー)

⑥Skrill (スクリル)

※NETELLER (ネッテラー)、Skrill (スクリル)は現在日本人向けのサービスが停止中です(2020年2月)

それぞれの特徴やデメリットを解説します。

①国際銀行送金

国際銀行送金

Axioryでは、国際銀行で入金が可能です。

国際銀行送金のメリット

・全ての通貨が使用可能

国際銀行送金のデメリット

・口座反映時間が3-10営業日と長い

国際銀行で送金は口座に反映されるまでの時間が3-10営業日と長いのがデメリットです。

なお、振込手数料も負担しなくてはいけないので、国際銀行で入金はおすすめはできません。

②クレジットカード/デビットカード

クレジットカード/デビットカード

Axioryでは、クレジットカード/デビットカードを使用した入金も可能です。

クレジットカード/デビットカードのメリット

・全ての通貨に対応

・入金手数料無料

・リアルタイムで口座に反映

クレジットカード/デビットカードのデメリット

・Mastercard、Diners、AMEXが使用できない

・入金分までしか出金ができない

クレジットカード/デビットカードは、リアルタイムで口座に反映されるので、スピーディーにトレードが可能。

しかし、使用できるブランドが「VISA」と「JCB」のみという部分が大きなデメリットになります。

③STICPAY(スティックペイ)

sticpay ロゴ

Axioryは、STICPAY(スティックペイ)での入金も可能です。

STICPAYのメリット

・20,000円まで入金手数料が無料

・取引口座へリアルタイムで反映

・完全日本語対応

STICPAYのデメリット

・STICPAY口座への入金時は手数料が最大3%かかる

・STICPAY口座への入金時の手数料が一律ではない

STICPAY口座は、クレジットカード同様、取引口座へリアルタイムで反映されるメリットがありますが、STICPAY口座への入金時に手数料がかかるというデメリットも。

また、クレジットカード利用時、入金額の3.85%の入金手数料がかかるので、大口入金した場合は、手数料が割高になってしまいます。

④bitpay

bitpay ロゴ

bitpayを利用してビットコインで入金を行うことができます。

bitpayのメリット

・全ての通貨に対応

・入金手数料無料

・約15分で取引口座へ反映

bitpayのデメリット

・ビットコインに価格位変動がある

ビットコインでの入金は、手数料と反映時間はとても魅力的ですが、ビットコイン自体に価格変動があるので、現金をビットコインに変えて入金する方法はおすすめできません。

⑤NETELLER (ネッテラー)

NETELLER ロゴ

NETELLER (ネッテラー)での入金は可能ですが、現在日本人向けのサービスを停止しています。

NETTELLERのメリット

・全ての通貨に対応

・手数料が無料

・リアルタイムで取引口座へ反映

NETTELERのデメリット

・2020年2月現在、日本人向けのサービスが停止している

・各ウェブマネー会社への手数料がかかる

ネッテラーは、オンライン上で支払いが完了できるプロバイダーです。

取引口座に即時反映と魅力がありますが、現在日本人向けサービスが停止中になってるので選択しないようにしましょう。

⑥Skrill (スクリル)

Skrill (スクリル)での入金は可能ですが、現在日本人向けのサービスを停止しています。

Skrillのメリット

・全ての通貨に対応

・手数料が無料

・リアルタイムで取引口座へ反映

Skrillのデメリット

・2020年2月現在、日本人向けのサービスが停止している

・各種WEBマネー会社の手数料がかかります。

スクリルのアカウントを作成するという手間が生じますが、取引口座へリアルタイムで反映される特徴があります。

現在日本人向けサービスが停止中になってるので、選択しないようにしましょう。

【画像付き】Axioryの各入金方法の手順まとめ

画像付きで入金手順を解説します。

手順を参考に入金していただくと、5分程で入金が可能です。

\ 業界TOPクラスに取引コストが安い / Axioryの公式ページはこちら

Curfexの入金手順

curfexは事前に会員登録を済ませる必要があります。

axiory 入金手順 curfex

①国内送金bycurfexをクリック。

axiory 入金手順 Curfex

①ジャパンネット銀行

②みずほ銀行

③楽天銀行

curfexの登録完了後、アカウントの有効化メールが届きます。指示に従って入金処理を進めて行きましょう。

入金時は上記載の銀行から1つ選んで振込を行うことになります。

国際銀行送金の入金手順

axiory 入金手順 国際銀行送金
axiory 入金手順 国際銀行送金
axiory 入金手順 国際銀行送金

①国際銀行送金をクリック

②銀行送金通貨を選択

③DohaBankをクリック

DohaBankをクリック後、送金情報のページへと移行します。

送金情報に従って送金をしましょう。

クレジットカード/デビットカードの入金手順

ご希望の入金方法からカードを選択します。

axiory 入金手順 クレジットカード/デビットカード
axiory 入金手順 クレジットカード/デビットカード
axiory 入金手順 クレジットカード/デビットカード
axiory 入金手順 クレジットカード/デビットカード

①該当する方を選択

②金額を記入してカード入金をクリック

③使用するカード番号を記入

④使用するカード名義人の氏名を記入

⑤使用するカードの有効期限を選択

⑥CW2/CVC2/CVA2を記入

⑦支払うをクリック

以上がクレジットカード/デビットカードの入金方法です。

STICPAY(スティックペイ)の入金手順

STICPAYで入金するには、予めSTICPAYに登録する必要があります。

ご希望の入金方法から、STICPAYをクリック。

axiory 入金手順 sticpay
axiory 入金手順 sticpay

①希望の金額を記入して、スティックペイで入金するをクリック。

クリック後、STICPAYの公式ページへ移行するのでログインをすることで、入金が行われます。

以上が、STICPAYの入金方法です。

bitpayの入金手順

ビットコインを使用して入金するには、予めbitpayの登録が必要です。

ご希望の入金方法から、bitpayをクリック。

axiory 入金手順 bitpay
axiory 入金手順 bitpay

①金額を記入後、ビットペイでの入金するをクリック。

ビットペイでの入金をクリック後、bitpayの公式ページに移行するので、ログイン後入金手続きを行ってください。

以上がbitpayを使用した入金方法になります。

信託保全はあるの?預かり資金の補償について

Axioryは、信託保全がある海外FX業者です。

資産はどのように管理されている?

トレーダーの資金は、アカウントタイプを問わず信託保全先である「Doha Bank」の信託口座に委託され、Axioryの資金と区別し管理されます。

預かり資金の保証内容は?

トレーダーの入金額並びに確定運用損益、未決済時の評価損益が補償の対象となります。

20万円入金後、10万の利益確定をして残高が30万円になった場合、30万円全額保証の対象となります。

\ 業界TOPクラスに取引コストが安い / Axioryの公式ページはこちら

Axioryの入金に関するQ&A

Axioryの入金に関するQ&Aをご紹介します。

家族名義のクレジットカード・銀行口座からの振込は出来ますか。

取引アカウント本人以外の名義人からの振込はできません。

マネーロンダリング防止のため、取引アカウントと振込人名義は同一の必要があります。

入金額に上限はありますか?

クレジットカード/デビットカード、ネッテラーの上限額は500,000円です。

銀行送金、スクリルには上限がありません。

Axioryの入金方法はCurfexがおすすめ

Axioryの入金方法は以前、ビットウォレットが利用できたのでビットウォレットがおすすめでしたが、使用できなくなったことにより、Curfexを利用した入金方法がおすすめです。

通常の海外送金手数料が3500円ほどかかるところを1000円程度に抑えることができるので、お得に入金できる特徴と取引口座に24時間以内に反映されるのがおすすめポイントになります。

この記事を書いた人

海外FXのアレコレ編集部

当サイトに掲載している海外FX業者は、すべて実際に口座開設し利用しています。
利用して感じた「メリット」「デメリット」を包み隠さず公開することで、トレーダーの皆さんの海外FX業者選びの参考になれば幸いです。